2006年05月31日

白インゲンダイエットで入院104件

http://www.asahi.com/life/update/0531/008.html
実は私、この番組を見ていたのだが、核心に触れるまでに何度もコマーシャル入れたり、福沢朗の司会っぷりが鼻についたりで、嫌な感じだった。
白インゲンを炒って粉末にしてご飯などに振りかける、という私としてはめんどうくさいこの方法を試した人がかなりいるというのは驚きだ。確かにテレビではこうすれば太らないとか煽っていたけど、全ての道に特効薬なんてないよ。
posted by Tenty at 21:25| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュー・スーパーマリオブラザーズ購入

ファミコン世代で、子供の頃からマリオを遊んできた私としては、買わないわけにはいかないでしょう。ソフトだから品切れということはなかった。
プレイして思ったことは、ごはんみたいなゲームだということ。ごはんは日本人であれば普通に食べる。ごはんが嫌いという人はまずいない。そんなゲーム。矢印キーとAボタン、Bボタンという家庭用ゲーム機黎明期からの基本に忠実なゲームであると、そう感じた。もちろん細かい部分は進化している。細かいアクションとかも目を見張るものもある。
ステージの中で確保してあるアイテムが使えたり、前のステージに戻れたり、そういう困ったら戻る、という選択肢をとれるような配慮はうれしかった。
ミニゲームはほとんどがマリオ64DSと同じ。
posted by Tenty at 21:17| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライブドアオートの新社名はカーチス

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/29/news085.html
「アーチ」を連想させる造語だというが、十人中十人がミッキー・カーチスを連想しませんか?ミッキー・カーチスを知らない人はしないだろうけど。
ライブドアオートは元々ジャックだったんだったか。
posted by Tenty at 00:35| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

信長の野望DSシナリオ10曹家クリア

その前にシナリオ9の豊臣家でもクリアしたけど、さすがに苦労しなかったので省略。
曹家、初期のタレントはかなりいい。但し、姫路城一城だとそのタレントを養っていくのに大変なので、さっさと隣の天神山城を取ってしまう。優秀な人材はいるのだが、頭数が少なく序盤はそれで苦労した。やはり姫を武将にした。
東は本願寺と織田が競っている状態だったので、西に進む。九州を平定した頃には武将数もだいぶ増えた。四国で本願寺と衝突。苦戦が予想された対本願寺戦だが、本城を集中的に攻めていき、長宗我部、織田も本願寺を攻めたこともあって、意外とあっさり滅亡。長宗我部も滅亡に追いやり、残った大勢力は織田。織田信長の鉄砲には苦労した。あと、躑躅ヶ崎館は思ったより堅牢だった。人は石垣、人は城じゃないのかよ。織田無き後は伊達がそこそこの勢力で残っていたが、敵にあらず。
はっきり言って、曹操とか岳飛とかチンギスハンとかユリウスカエサルとか一休さんとかが日本の戦国時代で活躍するというトンデモシナリオだが、それはそれで面白い。
posted by Tenty at 22:56| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

ボーダフォン解約

今日解約してきた。解約手続きに要した時間は数分。あっさりしていた。待っている時間のほうが長かった。
USIMカードを抜かれるので、解約後の携帯電話の操作は何もできない。時計が表示されるだけ。一応携帯電話端末は持って帰ったけど、これ返されてもなぁ、という感じ。あとで端末も引き取ってもらうか。
まあ、ソフトバンク買収ということもあるのだけど、ボーダフォンの何が悪いってつながらないことね。去年働いていたビルの居室なんかも圏外だったし。今働いているところも、エレベーターのあたりだと電波が通らなかったりする。auは常に問題ない。そこらへんを改善すべくソフトバンクもお金を使うと言っているが、それが負担になるだろうという想像は難くない。
一つ書き忘れていた。年間割引をしていたので、それを中途で解約したということで4000円ちょっと取られた。私は5月で契約更新だと思いこんでいたのだが、実際は12月だったようだ。まあ、12月まであと7ヶ月もあるから、それまでの使用料を考えればさっさと解約したほうがいいのだが。あと、料金は日割りで計算されるとのこと。5月いっぱいまで引っ張った意味はなかった。まあ、そうだろうけど。
posted by Tenty at 22:50| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

岡山・広島にIcocaを2007年夏に導入

http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20060524c6b2402n24.html
岡山の和気から山口の南岩国まで連続してIcocaに乗れるようになる。実際に用事があって乗る人はいないだろうが。
posted by Tenty at 20:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 決済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

再チャレンジ支援議員連盟

http://www.asahi.com/politics/update/0526/001.html
安倍晋三官房長官を支える人の集まりだと言う。最後のほうに発起人一覧を残しておくが、このうちで何人かは元ムネムネ会(鈴木宗男元北海道沖縄開発庁長官を支える人の集まり)だ。ポスト鈴木宗男は安倍晋三だと思っている人が何人かいるようだ。私が持っているリストによると5人いる。
山本一太などは安倍氏を応援しているのか邪魔しているのかわからないのだが、あれは実は同県の福田氏を総理にしたいがための行動ではないか。そうだとしたらかなりのトリックスターだ。
-----
【森派】木村太郎、中野正志、岩城光英、山本順三
【津島派】桜田義孝、山口泰明、新藤義孝、松村祥史、山下英利
【丹羽・古賀派】菅義偉、岩永峯一
【伊吹派】小島敏男、西川公也
【山崎派】田中和徳、山内俊夫
【高村派】山本有二
【無派閥】水野賢一、梶山弘志、吉田六左エ門、菅原一秀
posted by Tenty at 23:52| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

いつの間にか本庄早稲田駅に行く路線バスが廃止されていた

某企画の下調べをしていたら、今年の3月31に本庄早稲田駅に行く路線バスが廃止されていたことを知った。朝日自動車、国際十王交通、群馬中央バスと三事業者あったが、全部撤退。本庄早稲田駅に行くバスは平日のみ運行で運賃無料の本庄市循環バスのみ。一般の路線バスは一切通っていない。タクシーが主なアクセス手段ということのようだ。
鉄道でアクセスできない新幹線の駅はいくつかあるが、その中で路線バスでアクセスできない新幹線の駅は本庄早稲田くらいだろう。あの安中榛名駅でさえ、開業からずっと路線バスが通っている。まさに埼玉クオリティと言われても仕方がない。
結局、皆自家用車で行くから、ということで廃止されたのだろうが、公共交通の有機的な結びつきというものを考えた場合、本庄早稲田駅が孤立しているような感じがする。
posted by Tenty at 20:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

人身事故で有楽町新線

いつも出勤では志木始発の普通列車に乗っていくのだが、今日は東松山で人身事故があったということでダイヤが乱れていた。有楽町線に振り替え輸送をしているという。ちょうど、新線池袋行きの列車が来て、それに乗るようにというアナウンスがあったのでそれに乗ることにした。普段の新線池袋行きに比べれば込んでいるが、準急や通勤急行に比べれば空いている。ところが、朝霞台、朝霞、和光市とどんどん人が乗ってくる。有楽町線に入ってさらに乗ってくる。私がホームの様子を窺い知れたのは平和台だけだったが、ホームにはたくさんの人がいた。乗り切れないのか、次の新木場直通を待っているのかはわからないが、少なくともホームにいる人全員は乗り切れない。小竹向原で乗り換える人が多数いるのでそれなりに空いたが、それでもまだ混んでいる。そして、新線池袋着。改札口に向かう階段、エスカレーターはやはり混みあった。振替輸送がキャパ不足で機能麻痺になっている。
新線池袋は階段、エスカレーターの数が少ない。閑散線区の行き止まり駅である今はいいかもしれないが、13号線が開通したらけっこうたいへんなことになるのではないだろか。上下同時に列車が到着したときなど、客をさばききれなさそう。私に限って言えば13号線池袋駅で乗り降りすることはなさそうなので、その心配は人ごとになるのではあるが。
posted by Tenty at 19:02| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

コメントについて

このブログだけの問題が、Seesaaブログ全体の問題かはわかりませんが、コメントを書く際に、メールアドレスにある文字列が入っているとエラーになるようなので、コメントを寄せる際はメールアドレスは書かないでください。なお、現在問い合わせ中です。
posted by Tenty at 21:29| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神奈川16区補選候補者

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060522AT3S2200E22052006.html
選挙まで半年もある神奈川16区補選だが、既に自民党では故亀井善之議員の長男である亀井善太郎氏が名乗りを上げている。民主党は経済産業省出身の後藤祐一氏を擁立。この人は実現男を名乗っていて、一週間に一回、何かを実現するらしい…。私は最近この実現男なるものを知った。ネットで話題というだけで国政選挙に擁立していいのか、とも思ったが、ざっと見ると政策についての提言もまじめに行っている。何より、厚木高校出身で選挙区にゆかりがある(最初はグー、とは違う)。そう考えると悪くないかなとも思う。とはいえ、神奈川16区は過去4度の選挙で1度も自民党以外の候補者が当選していない(比例復活当選すらしていない)だけに、基礎的には自民党が有利だろうが、果たしてどうなるだろうか。
*おそれおおくも本人のブログにトラックバック
posted by Tenty at 21:04| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(6) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

ボーダフォン→ソフトバンクモバイル

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/18/news041.html
いよいよ今週末に解約するよ。
だいたい名前が長すぎる。「エーユー」、「ドコモ」、「ジェイフォン」、「ボーダフォン」、「ツーカー」と携帯電話のブランドはそれくらいのくらい長さだったのが、「ソフトバンクモバイル」は他の倍以上ある。略しようがないし。「ソフトバンク」でも長い。まだ「ヤフー」がブランド名になったほうがいい。
まあ、名前はどうてもいいんだけど、やっぱりソフトバンクが携帯電話でしたいことというのが、私にとっては全然魅力的ではない。コンテンツは「文字中心から動画中心になる」とし、リッチコンテンツに注力していく方針というが、携帯電話で動画を見たいとは全然思わない。文字情報がメインで、文字で表現できない情報は画像で見られればそれでいい。ソフトバンクとしては、ユーザが使う時間を携帯電話に向けさせたいのだろうけど、私としては、携帯電話は必要なときに使うだけであって、余暇を使うための道具ではないのだ。そう考えると、auとGoogleの連携というのは期待が持てる。
posted by Tenty at 21:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

日本テレビアナウンサーを盗撮で書類送検

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060517i304.htm
盗撮したことが問題というよりは、その後の日本テレビの対応に問題がある。実名も出さないで、「社員のプライバシーにかかわることなのでコメントできない。」で片付けている。結局、夕刊フジが出しているが。国民の知る権利があるという名目で、犯罪被害者の実名発表を求めるなど、ある意味プライバシーを暴いてまで報道するが社会的使命だと普段言っておきながら、いざ自分のところで問題が起きると、プライバシーを盾にだんまりを決めこむ。そういうことだから既存マスコミは信用されなくなる。昔だったらそれで終わりだっただろうけど、今はブログや匿名掲示板など、インターネットを使って個人が情報を発信できる時代だから、それを通じて情報を知ることができ、マスコミの不肖ぶりが際だってしまう。
posted by Tenty at 20:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

ブログをシステマティックに継続する

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/11/news122.html
「指定した時間がくると、ブログのテンプレートが開く。」ってそんなの嫌や。書きたいときに書く、書きたくなかったらずっと書かない、でいいではないか。
私のブログに対してのテクニックといえば、レンタルサーバにブログ投稿システムを構築して、それを使ってブログ投稿をしていることくらいでしょうか。公式のページは重かったりするので。ブログ投稿システムと言っても、単にメールを飛ばしているだけだけど。
posted by Tenty at 00:38| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

プレイステーションは6万円強

http://www.asahi.com/digital/pc/TKY200605090522.html
高いなぁ。買う人は買うのだろうけど。ハードディスク20Gがその価格で、60Gはオープン価格だというけど、それ以上ということだろう。発売半年以上前の価格発表は「金を貯めとけ」というメッセージか。
日本市場では散々のXBoxはおいておいて、任天堂のWiiとは比較されることだろう。ただ、両機は同じゲームという枠でくくるのもはばかれるほど、目指す方向が違っている。互いに今更逆戻りはできないだろう。スペックの勝負ではなく、戦略の勝負ということになる。
posted by Tenty at 21:59| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

信長の野望DSシナリオ0北条家クリア

クリアしましたよ。
最初の数年は内政に専念。多地域がドンパチやっている中、関東はまったく動きなし。とりあえず関東の諸大名を攻めていく。武田家が駿府城を取った後で同盟を結ぶ。この後で一気に東北を制圧。東北と武田領である上野以外の関東を手中にする。
この後どうしようかと思ったのだが、今川家が駿府城を奪還したのを機に、東海道を西上する。東海、近畿を制覇。征夷大将軍にも任命された。残り大名が武田、龍造寺、島津になった時点で、龍造寺、島津と同盟を結んでゲームクリア。
なんか、テキストにするとつまらないな。
北条家のいいところは関東という草刈り場が用意されていることか。逆に悪いところは他の有力大名と比べると人材不足。風魔小太郎もなぜか武田家に行っちゃったし。
今度は全国制覇でクリアしたいと思います。
posted by Tenty at 23:10| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

5連休4・5日目

4日目、すなわち昨日は壱岐へと渡った。去年行こうと思ったのだが、臨時ダイヤで船に乗れずに行けなかった、という苦い経験がある。今回はジェットフォイルを事前に予約して臨むという念の入れようだったが、ジェットフォイルはそれほど混んでおらず、予約なしでも問題なかったようだ。ただ、壱岐から博多方面に向かう人は多かった。
郷ノ浦港に着くと郷ノ浦中心部へと行くバスが接続している。バスに乗る距離ではないが、各地へと行くバスに乗り継ぐ場合はバスに乗らないと間に合わなくなる。中心部にある営業所では島外の人が利用できる1日乗車券が1000円で売っている。壱岐をバスで回るには必須アイテムだ。これを買おうと思えば余計時間がないので、港からのバスには乗っておいたほうがいいだろう。
まず勝本行きのバスに乗る。勝本行きのバスの本数は多い。那賀経由と湯ノ本経由の二系統がある。行きに乗ったのは那賀行きで客はそれなりにいた。勝本は朝市が有名ということで言ってみたが、他の有名な朝市と比較するとちょっとずっこける。時間が遅いということがあるのかもしれないが。壱岐では至る所でうにという文字を目にする。生うにを食べないと壱岐に来た価値がない、というくらいで、私はうにはあまり好きではないのだが、折角なので勝本で生うに定食なるものを食べた。生うに丼とさざえの刺身と他の刺身。うには確かにおいしい。自然なおいしさがした。さざえの刺身は珍しいと思うが、焼いたほうがいいように思う。
ここで芦辺行きのバスに乗るつもりだったのだが、雨が降ってきたのですぐに来たバスに乗る。これが湯ノ本経由の郷ノ浦行き。すなわち逆戻り。あまり客はいなかった。
あと壱岐で有名スポットといえば原の辻遺跡がある。郷ノ浦から印通寺経由の芦辺行きのバスに乗る。このバスの本数は多くない。原の辻遺跡は資料館入館料無料、というくらいの場所だった。見学時間30分で充分だった。ただ、ここはこれから整備するようである。また郷ノ浦に戻る。風雨が強くなってきていて、野ざらしで待っているのが辛かった。
芦辺の街まで行ってみようと思ったのだが、天気がだいぶ悪くなってきたので、郷ノ浦にとどまることにする。ホテルに入れるまでの時間を、壱岐郷土館で過ごす。壱岐の歴史などがわかる施設で、けっこう勉強になった。壱岐がなぜ長崎県かというと、平戸藩の支配下にあったからとのこと。そして、明治期には平戸との航路があったとのこと。美術館もあって地元の美術家の作品が展示されていた。経歴を見ると第三文明賞やSGI文化大賞を受賞していた。
あとは、ホテルに引きこもっていた。軽い台風並の風雨だった。あと、体調がよくなかったというのものある。地元の人は雨でもあまり傘をささない。制服姿の女子高生も傘をささない。雨曝しなら濡れるがいいさ、と言わんばかりだ。
翌日、すなわち今日は印通寺港から船で呼子へと出る。呼子に着いて、街を歩く。呼子と言えば朝市。ここはそれなりの規模だった。観光客がけっこう来ていた。くじらカツといかしゅうまいを食べる。
バスで唐津に出て唐津から高速バスで福岡まで出る。このバスが混んでいた。ほぼ満席だ。余っていた紙回数券を消費するためということもあってバスを選んだのだが、JR筑肥線も筑前前原乗り継ぎを強いられるケースがあるから、あまり勝手がいいとは言えない。
天神で降りて、ここから小倉でやはりバスで行く。このバスが空いていた。乗客が延べ4人。
今日は北九州空港から飛行機で飛ぶことになっていたが、時間が有り余っているので、下関まで足を延ばすことにする。火事になった下関駅だが、一部を除くと通常どおりだった。唐戸まで歩く。人がけっこういた。門司港に行く船に乗ったが、かなり混んでいた。高い桟敷席みたいなところに尻を乗せているようにして乗っている客もいた。立たせてはまずいと思うのだが。20分に1本だから次の便に乗せるというわけにはいかないか。
門司港界隈も人がいた。新しい名所となった門司港メトロだが、パッと見た感じでは、整備するのにかなり金をかけている。費用対効果という点ではどうなのかわからないが、いずれにせよ、やるのであれば徹底的にやらないとだめだということだ。
小倉に戻って、ごはんを食べて苅田駅へと行く。ここから北九州空港行きのバスに乗る。行橋から来たバスだが、そこそこ客はいた。あと、実は朽網駅からのほうがバスの本数は多いようだ。
新しくなった北九州空港に行く。空港島とそれに至る道はかなり立派だったが、空港ターミナル自体は思ったよりも狭い。待合室も余裕なしという感じで、もう少し広々と作ればいいのにと思う。
想定の範囲内だが出発時刻は遅れた。前便の到着の遅れがそのまま出発の遅れになるような運用はやめてほしいものだ。それにしても、21時30分羽田着が、25分遅れで21時55分着になったというのに、なぜ21時55分になっても空の上にいますか?22時15分の志木行きのバスには余裕で間に合う、むしろ飛行機が定時で着いたらかなり待つくらいだから、飛行機の到着が遅れたらバスに乗ろうと思っていたのに、なぜバスに乗るために羽田空港の中を走らなければならないのですか?なぜ、22時7分という微妙な時刻に着くのですか?もう少し早く着けば余裕で間に合う。もう少し遅ければあきらめる。本当に走って走ってなんとか間に合った。
ゴールデンウィーク最終便の朝霞・志木行きのバスは乗客十人程度。現在、順調に走行中。
posted by Tenty at 22:29| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

5連休2・3日目

昨日は新見で泊った。新見で泊まるのは三度目。大阪や名古屋といった大都市ならともかく、小地方都市でこれだけの回数泊まるのは異例だ。おそらく、もう泊まる機会はないと思うけど。
今日は芸備線で広島まで行ってJR完乗。その後、新幹線で小倉まで行く。広島から小倉まで1時間とは速い。
北九州市内を経て、JRで古賀まで行き、古賀からは西鉄新宮以東の廃線が決まっている西鉄宮地岳線に乗る。本数はけっこう多い。乗客はやはりそれほど多くもなし。古賀駅ではマニアっぽい人が写真を撮っていた。これ以上に経営が苦しいところはあるが、代替交通機関もある故、廃線ということになったのか。
今日は東横インに泊まる。やっとホリデーキャンペーンの恩恵を受けられた。入会金の元を取れた。
posted by Tenty at 19:45| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡市営地下鉄七隈線乗車

以前、福岡市営地下鉄七隈線についての記事を書いたが、実は乗ったのは二度くらいだ。今日福岡で時間があったので。乗ってみることにした。
空港線で天神まで行き、七隈線の天神南駅まで乗り換える。天神駅中央出口から天神南駅の改札口まで歩いて7分かかった。人通りの多い天神地下街を歩かなければならないので、スムーズに歩けない。埼京線渋谷駅や京葉線東京駅のように、乗り換えに長距離の徒歩を強いられる箇所に動く歩道が設置される場合が多いが、ここは既成の地下街だからそれは無理だろう。
天神南駅から橋本行きに乗る。乗る人は少なくない。そして、7.5分に1本と運転本数は多い。空港線と同じである。逆に空港線が少ないような気がする。七隈線はミニ地下鉄で4両編成だから、キャパシティが小さいが。
乗客は進むにつれ漸減していく。野芥、賀茂、次郎丸で降りる人が多かったが、橋本まで行く人もけっこういた。私は次郎丸で降りる。次郎丸の地上はザ・車社会、という感じだった。地下鉄の上に新しい道を作っているみたい。
賀茂まで歩いて、地下鉄に乗る。ホームで橋本行きの列車を見送ったが、がらがらだった。私が先ほど乗った列車がたまたま混んでいたのか。
福大前まで乗る。福岡大学が前にある。七隈線の名前になっている七隈まで歩く。どこにでもあるような郊外の地域、という感じだった。
乗ってみて感じたのは、ミニ地下鉄くらいの需要しかないところだと、どう頑張っても収益があがらないのではないかということ。地下鉄でいちばん赤字額が多いのは都営大江戸線で、これもミニ地下鉄だ。地下鉄の建設費削減の救世主みたいな扱いのミニ地下鉄だが、トータルで考えると結局たちいかなくなるのではないか。あと、七隈線の場合、路線長のわりには駅数が多い。駅数が多いと、その維持費もかかる。どの駅の駅員の礼儀は正しかったが、ある意味客の数が少ないので丁寧な対応がとれると考えられなくもない。
posted by Tenty at 19:00| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR完乗

本日5月5日、芸備線の備後落合−塩町、三次−広島間を乗って、JR完乗と相成った。本当は去年の12月に完乗しているはずだったのだが、雪による不通で果たせなかったのだ。1995年から意識してやっているので、11年かかったことになる。
学生の頃、30歳までに全部乗ると宣言した記憶があるのだが、なんとかそのときの宣言通りに果たせた。学生の頃は鉄道というものに興味を持っていて、方々に乗るための旅をしていたものだが、今はそれほど興味がなくなって、学生の頃にあらかた乗っていなかったら、こんなことをしていなかったと思う。
こうなると、日本の全鉄道にフィールドが移るというのが自然な流れだが、一般的に日本の鉄道となると、モノレールやケーブルカーなどを含む。ただ、私は上野動物園を走るモノレールには乗りたいとは思わないので、そういう観光需要を目的としてモノレールやケーブルカーには乗らないことにしている。それを除いた全鉄道は全て乗るつもりだが、これは言ってしまえば参考記録ということになるだろう。
そういうわけで、私の鉄道旅行史も一段落ついたかな、と感じている。
posted by Tenty at 10:03| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

5連休1日目

今日から5連休である。そういうわけで、西へと行く。本当は前後休もうかとも思ったのだが、5日でちょうどいい旅程を組んでしまって、そのできに自画自賛してしまい、休みを増やせなくなった。
泣く子も黙るゴールデンウィークということで、余裕を持って始発列車に乗る。さすがに旅行客は多かったが、さくさくと進んで、フライトの1時間前には搭乗口にいた。
大阪行きの飛行機は当たり前のように満席。シートが新しくなっていたが、なんか狭くなった感じ、安っぽくなった感じを受けた。
大阪空港に着いて、梅田に荷物を預けて、堺市で作戦遂行。
その後、大阪の街を歩く。新世界のあたりは混んでいた。店は行列ができていたし、通天閣も行列ができていた。こういうところ行くのは連休を外したほうがいいかもしれない。
その界隈で昼ビールを飲んでいるのを見て触発されたこともあって、お好み焼き店に入ってビールとお好み焼きを食べる。大阪でお好み焼きを食べるのは実は初めてだ。広島では何度もあるが。あと兵庫で一回あったか。テーブルに鉄板があって、店の人が焼いてくれるので、私はビールを飲みながらそれを待つだけ。中ジョッキを頼んだが、焼ける前に飲みきってしまいもう一杯小を頼む。まだ旅程は残っているのである程度は自制しなくては。焼けるのに時間はかかるが、時間はかなり余っていたので問題なかった。こんにゃくとすじ肉が入っていたのが大阪っぽい。
ほどよく酔いがまわったところで、梅田に戻って、今日の最終目的地である津山まで行く。津山まで行く一般的な行き方としては、新幹線+津山線か高速バスだろうが、価格面で断然違うので、高速バスに乗ることにする。津山駅までノンストップの便で、事前に予約していたわけだが、満席だった。同時刻着の急行はだいぶ空席があった模様。3列シートというのが肝。大阪近辺では上り車線は混んでいたが、下り車線は混んでいなかった。定時よりも早く津山に着。
今日は34000歩以上歩いた。歩数計を買って30000歩以上歩いたのは初めてだ。
posted by Tenty at 23:05| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信長の野望DS

信長の野望DSを買った。私が信長の野望を初めてプレイしたのは小学生のときで、PC-8801という今の人は知らないパソコンでプレイした。17ヶ国版で武将という概念もなかったが、当時はかなりプレイした。それがきっかけで歴史に興味を持ち、中高生の頃は歴史雑誌を買ったりしてだいぶはまったが、大学生になるとだんだん他のことに興味が移って、現在に至る。
そういうわけで、私を歴史好きにしたきっかけが信長の野望なのだ。そのゲームのDS版が発売されたとなると、買わなければならないだろう。ベースはパソコン版の烈風伝ということで、このゲームはプレイしたことがあるので、とっつきやすかった。シナリオ0の北条家でプレイしているが、現在関東の大部分と東北を制覇して、西に進んで行こうかと画策中。
パソコン版に比べると城の数が減っていて寂しい感じがするが、携帯ゲームなのだから仕方がないところか。あと、特に戦闘シーンでは、表示が細かすぎて見づらい。目が悪くなりそう。もう少し、1コマのサイズを大きくしてもよかったと思う。大きな不満はそんなものか。若干、処理が遅くなるところもあるが、それほどさほど気にはならない。決定キーに関するユーザインターフェイスについて融通きかない部分はちょっと気になる。輸送のときに鉄砲を運ぶつもりが決定がされていなかったために運ばれていなかったとか。これは慣れか。
結論を言えばかなりおもしろい。時間泥棒だ。
posted by Tenty at 21:28| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W41CA

先日も書いたが、携帯電話をauに変えた。端末はカシオのW41CA。まさにカシオマン。今までヴォーダフォンのシャープ製品ばかり使っていたので、久々に知らない端末に触れた気分。
以前使っていた端末に比べるとレスポンスが早い。以前が遅かっただけとも言えるが。電話をかける、メール、ウェブアクセスという基本機能についても特に問題なし。「184」をつけて発信してくれる機能は重宝している。文字入力はまだあまり使っていないのだが、肝である変換機能はATOKということもあって、以前よりも劣っているという印象は受けない。
あと、パソコン向けに作られたインターネットサイトが見られるPCサイトビューアという機能がある。私が運営している自由活動領域はシンプルな作りなので普通に携帯電話でも見られるが、世の中のサイトはそういうわけにはいかない。そこで、携帯電話用Operaでそういうサイトが見られるのである。確かに見られる。だけど、さすがに100%パソコンと同じように、というわけにはいかない。当たり前だけど。見ていて、タッチパネルだったらどんなに楽なことか、と思った。あと、この機能を使うとパケット料金をかなり取られる。ばりばり使おうと思うのならば、定額で上限額を払うくらい覚悟は必要だ。
あと、LISMOとか言って、携帯電話で音楽を聴くということができる。パソコンでリッピングしてそれを携帯電話に転送する、というソフトが使いづらい。MP3をそのままSDカードに放り込んで聴ければ楽なのにと思うが、さすがにそれは難しいか。あとランダム再生があればよかったのに、と思った。
あと、重宝するのは時計が狂わないシステム。自動的に電波を受信して時計をあわせてくれるらしい。auでは当たり前らしい。携帯電話を時計代わりにする私としてはかなり嬉しい。これだけでauに乗り換えてよかったと思えるくらい。携帯電話を開かなくて時刻を確認できるようにサブディスプレイをつけてほしかったという意見もあるが、私の場合時計を見る場合は携帯電話を開く、という癖がついてしまっているので、なくてもかまわない。
今のところ、古い携帯電話と併用しているのでそれほど使い込んでいるわけではないが、総じて言えば選んでよかった端末だと言える。
posted by Tenty at 07:11| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。