2007年11月24日

東上線新ライナー

http://www.tobu.co.jp/news/2007/11/071121.pdf
来年6月から東上線に料金が必要な座席定員制の列車が夕方、夜の時間帯に走るとのこと。停車駅は池袋を出ると、ふじみ野、川越、川越市、坂戸、東松山、森林公園、つきのわ、武蔵嵐山、小川町。料金は300円。おそらく池袋からふじみ野までの間で検札をするのだろう。志木には停まらない。結果的に志木に停まる列車が減るのではないか。
ただ、池袋は始発駅だから十数分待てばまず座れる。お金を払って本数が少ないライナーにどれだけ乗る人がいるのか、走らせてみないとわからない。副都心線開業のダイヤ改正にあわせるというけど、副都心線利用者には実はメリットがない。和光市にライナーを停めるとなると、和光市でライナー券を売らなければいけないのがネックになるのだろうな。
関係ないけど、終電としてライナーを走らせればいいのではないかと思った。バスだって深夜バスは値段が高い。それの鉄道版。しかし、慣例からかそういう例はないね。
posted by Tenty at 00:08| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68674806
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。