2007年10月09日

信長の野望DSシナリオ6柴田家クリア

久しぶりにやったらはまってしまった。
柴田勝家はそれほど好きなわけではないが、ちょっと難しいところということで選んでみた。タレントは悪くはないが、やはり羽柴家には負ける。前田利家、佐々成政、佐久間盛政あたりが主力。前田慶次は一回も戦で使われることなく出奔していった。
史実では柴田勝家は羽柴秀吉に負ける。ゲームの世界でも羽柴家の猛攻を受けた。のだが、羽柴秀吉自ら攻めてきて野戦でそれを打ち負かした。羽柴秀吉が捕まったので斬首した。羽柴秀長が跡を継いだが、こちらも捕まえて斬首。その跡を生駒親正が継いだ。なぜ、生駒親正…。蒲生氏郷とかそれっぽい人もいたのだが。羽柴家が生駒家になって、柴田家のほうが優位に立った。東方面では徳川家と同盟を結んでおり、上杉家は攻めてこないので、西の生駒家に集中して対峙できた。生駒家の勢力を削いだところで、四国の長宗我部家と同盟し、毛利領に侵攻する。毛利家も大名を捕らえて斬首。宍戸隆家が跡を継いだ。宍戸家は大名の寿命が尽きて、穂井田家→毛利家と変遷していく。そうこうしているうちに、柴田勝家の寿命が尽きてしまった。柴田勝政が継ぐのが筋なのだが、姫武将だった柴田縁を後継の大名とした。それにより、敵将を捕らえるごとに「おなご」呼ばわりされることになる。
長宗我部家が岡山城まで攻めてきたのは計算外だったが、山陰まわりで本州の西まで攻め上がる。そうなると次は九州。九州はわりと苦労せずに制圧した。それと同時に、東のほうに動きがあった。東北から関東を席巻していた伊達家が上杉の春日山城に攻めた。結果は引き分け。それに乗じて、春日山城を攻め、堅城を落とした。その頃、征夷大将軍に任命される。そこで同盟しまくり作戦に転じる。東国の大名をだいたい同盟してくれたが、断ってきたのが伊達家。ここで伊達と全面対決となるのだが、さすがに勢力差は大きく、他の同盟諸国の援軍もあって伊達を制圧する。ここで残った大名は、紀伊の鈴木と南信濃の相馬。この相馬は徳川家臣だったのが独立したもの。他にも、なぜか徳川家から独立、出奔する武将が後を絶たなかった。どちらも同盟を拒否してきたので、攻めることにする。相馬家は正攻法で問題ないが、鈴木はあなどれない相手だった。しかも、鈴木家の本拠地である雑賀城の最寄りの城は長宗我部が抑えている。そこで、雑賀城の近くに築城した。名前は根来城になった。そうしたら、鈴木家が根来城に攻めてきた。その後、根来城に大量の兵を入れたので鈴木部隊は様子見。その隙に雑賀城を攻めた。その前に根来城を攻められて、思ったよりも残っていた兵が少なくて焦ったが、内応していた武将を寝返らせて勝って事なきを得た。
posted by Tenty at 22:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

NOW LOADING

電車の中でPSPをやっている人がいた。おそらくゲームはモンスターハンターだと思うのだが、「NOW LOADING」という画面がけっこう頻繁に表示していたのにびっくりした。なんで何度も画面から目をそらしているのかと観察していたら、「NOW LOADING」画面が原因だったのだ。自分だとその時点でもうだめ判定だな。PSPは絵がきれいだとは思うけど、やはりそういう副作用あるのだね。
LOADINGといえば今でも語り継がれるのがレリクスだが、YouTubeにレリクスの動画がアップされていた。Googleで「レリクス Loading」で検索するとでてくる。そういえば、YouTubeはGoogleが買収したんだったか。
posted by Tenty at 22:19| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

ニンテンドーDSでワイヤレスによる対戦

この前、ニンテンドーDSでワイヤレスによる対戦をやった。ゲームボーイの頃にもケーブルを使った通信機能はあったが、一般的には使われていなかったと思う。ニンテンドーDSで通信対戦をやっているのは今日日普通に見かける。やはり、線がある、ないというのは大きい。
私が持っているゲームを一通りやってみたが、マリオやもじぴったんの対戦がおもしろかった。もじぴったんは一人でやるのとは全然違う。文字をひたすら作ればいいというものではない。オセロみたいなものだった。あれはよくできている。コンピュータと対戦してひとりでできるようにすればよかったのにと思った。ただ、アルゴリズムを作るのがけっこう難しいか。
逆につまらなかったのは漢検のゲーム。ひとりでやるミニゲームを同時にふたりでやって点数を競うというもの。あれならば無理に実装しなくてよかったように思う。
ファミコン時代からゲームをやっている身としてはかなり感動的な体験だった。まず、ゲーム機を1人1台持つということがありえなかった(ゲームボーイでも1家で1台)し、それを2台使って通信対戦できるというのが標準機能でできるということがすごい。ただ、今どきの子供はこれが普通だと思っているのだろう。
posted by Tenty at 16:40| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

もじぴったんDS

もじぴったんDSを買った。GBA版も持っているのだが、DSになりペンが使えることによって操作性はかなり向上した。かりにパソコンでマウスを使ったとしても、ペンを使った操作性にはかなわないと思う。DSの強みを思い知らされる。
ゲームの目的として、クリア条件を満たすというのと、高得点を取るというのがあって、高得点を狙い過ぎてクリア条件が満たせなくなるという本末転倒なことがあったりして、そのバランスを考えて文字を置く必要がある。なるべく長い文字を作ろうとか、連鎖するようにしようとか、考える。使える文字の種類や数、文字を置くフィールドのバリエーションでステージがたくさんある。ゲームとしてよくできていると思う。
posted by Tenty at 22:12| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

ストレージを運べ!ゲーム

http://www-06.ibm.com/systems/jp/campaigns/adv/takebackcontrol/game/popup.html
最近このゲームでよく遊んでいるのだが、なんと36000点くらいとったらバグった。
bug
「GBをたくさん獲得すれば、このオフィスは救われるんだ。」と書いてあるが、オフィスが壊れてしまった。
ハイスコアのポイントとしては、なるべく時計を止めること。STOP CLOCKアイテムを取ることを最優先にする。
posted by Tenty at 20:14| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

ニンテンドーDS「200万人の漢検〜とことん漢字脳〜」の正誤表

http://iek.on.arena.ne.jp/faq/2006/11/_200.html
「日の出の景色をカメラで{ウツ}す。」は「映」ではなく「写」。「ボランティア活動に{カン}心を持つ。」は「感」ではなく「関」。
「今後、このような事がなきよう努力してまいります。」と書いてあるが、他ソフトでもいくつか誤っている。
posted by Tenty at 23:30| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

ニンテンドーDS「200万人の漢検」

表題のソフトをやっているが、内容はともかく、細かいところで不満が。
・けっこう誤認識する、かなとか数字とか。読み取れない字を書くからだと言われるが、電車の中とかでやるし、時間制限もあるのでそうそう丁寧な字は書けない。かなや漢字はキーボード画面で入力入力できたほうがよかったのでは
・漢字は線が一本足りなかったり余計だったりしても正字として認識して正解になる
・筆順や画数はよく間違えるが、正解しか出ないので、なんでこれが何画なのか、なんでこの画数になるのかがわからない。漢和辞典をひけばわかるが
・時間制限があるので慌てる
まあ、今までこういうソフトはなかったので画期的ではある。幸い、ACアダプタも長野日本無線製ではない。
posted by Tenty at 20:33| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

Wii発売

http://www.asahi.com/business/update/1202/018.html
だいたい完売のようで。
操作に特徴があるのだが、あれはなんか飽きがきそうな感じがする。個人的には昔のゲームができることのほうが興味がある。どちらにせよ、私は買わないですが。もうニンテンドーDSでいいよ、という感じ。
posted by Tenty at 18:13| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

プレイステーション3が発売

http://www.asahi.com/business/update/1111/022.html
昨日から並んでいたんでしょ。そこまでして欲しいのか、暇なのか。
ゲームで並ぶといえば、ドラゴンクエストVがいちばん最初のことだと記憶している。私の場合ドラゴンクエストVは市場の雑貨部に置いていたのを買った。ゲームソフトを売る店には売っていなくて、なぜか市場で売っていたのだ。プレイステーション3はさすがに市場では売っていないだろう。
posted by Tenty at 17:17| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

PS3値下げ

http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMITea003022092006
なんだそりゃ。高いと言われたから値下げ?主体性とか戦略というのが全然見えてこない。
ただ、この値下げは下位機種のものであり、上位機種はどうなるかわからない。個人的にはBDが原因で発売日までに充分な台数が確保できないというならば、下位機種の発売日を遅らせるという戦略もありかと思っていたが、こうなると下位機種は当初はほとんど出回らないという戦略かもしれない。発売日に出回る10万台のうち、下位機種は5台かもしれない。
それにしても、今更の仕様変更(下位機種にも「HDMI」の端子を搭載)は、まだ量産体制になっていなかったからこそできる変更だとは思うが、ドタバタして全台リコールという大惨事にならないことを願うのみだ。
posted by Tenty at 21:54| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

Wiiは12月2日に25000円で発売

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/14/news052.html
発売まであと2ヶ月とちょっと。他のゲーム機と違って、確実にまとまった台数が発売日に発売されそうだ。
よく言われるのは、PLAY STATION31台分のお金でWii2台買えるということだが、私の感覚だとファミコンがだいたい15000円だったから、それと比べると25000円は高い。物価高とか性能がよくなったとかいうよりは、ゲーム機に対する認知度が高くなったということかと思う。PLAY STATION3の値段はもう圏外だが、確かにゲーム機の範疇を超えているので、あの性能であの値段と考えると安いのかもしれない。ただ、その性能をどう使えばいいのかという疑問、それを使う必要がある人がどれくらいいるのかという疑問はある。わかりやすいのはBDだけど、普通のDVDでいいよ、と言う気もするし。それ以前にゴタゴタしていてダメっぽいけど。
posted by Tenty at 22:10| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

プレイステーション3、日本での発売日出荷台数は10万台

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/game/gamenews/news/20060906org00m300069000c.html
欧州での発売延期はともかく(船での輸送が間に合わないためという理由で4ヶ月も遅れるのも変な話だが)、日本での発売日出荷台数は10万台って、全然足りないだろう。Xbox 360だったら大丈夫だろうけど。量産開始が10月からだと言うのだから、そうなることも必然だろうが、「商戦にかかわらず需要がある」というのであれば、無理して11月に発売しないで、ある程度台数が揃ってから発売にしたほうがいいのでは、と老婆心ながら思った。
posted by Tenty at 23:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

信長の野望DSシナリオ2織田家クリア

信長の野望、なのに織田信長でクリアしないのもなんなので、やってみた。
織田家の初期のタレントはかなりいい。前田慶次までいる。前田慶次は活躍していたのだが、信長を水風呂に入れて出奔した。対象が違うだろう、と思いつつかなりショッキングだった。
シナリオが始まるやいなや、桶狭間の戦いイベントが発生。これはそれなりにストーリーが展開され、「桶狭間だぎゃー」の一言で済ませる(武将風雲録)、ということはない。あと、徳川家康の独立、同盟イベントも発生。その後で武田家とも同盟を結んで、東は憂いがない状態に。
そうなると西に攻めることになる。やはり敵は本願寺ということになる。なぜか本願寺顕如が蘭奢待を切り取る。それはこちらの仕事だろう。赤松に石山御坊を取られるなど、それほど強くはなく、一向宗には辟易したが、割と労せずに倒すことはできた。
あとは、中国、九州、四国と制覇していき、その途中で征夷大将軍に任命され、東北、関東の大名とは同盟を結んで、上杉、今川を倒してクリア。
今回上級でプレイしたが、初級と違うのは、CPU同士の戦闘はあまりしない、向こうからこちらの領地に攻めてくることが多い、ということか。例外的に武田家と上杉家は不毛な取ったり取られたりを繰り返していたが。
あと、後半になるとやはりだれてくる。前半から最大勢力を倒す中盤くらいがおもしろい。
posted by Tenty at 18:14| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

ニュー・スーパーマリオブラザーズ購入

ファミコン世代で、子供の頃からマリオを遊んできた私としては、買わないわけにはいかないでしょう。ソフトだから品切れということはなかった。
プレイして思ったことは、ごはんみたいなゲームだということ。ごはんは日本人であれば普通に食べる。ごはんが嫌いという人はまずいない。そんなゲーム。矢印キーとAボタン、Bボタンという家庭用ゲーム機黎明期からの基本に忠実なゲームであると、そう感じた。もちろん細かい部分は進化している。細かいアクションとかも目を見張るものもある。
ステージの中で確保してあるアイテムが使えたり、前のステージに戻れたり、そういう困ったら戻る、という選択肢をとれるような配慮はうれしかった。
ミニゲームはほとんどがマリオ64DSと同じ。
posted by Tenty at 21:17| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

信長の野望DSシナリオ10曹家クリア

その前にシナリオ9の豊臣家でもクリアしたけど、さすがに苦労しなかったので省略。
曹家、初期のタレントはかなりいい。但し、姫路城一城だとそのタレントを養っていくのに大変なので、さっさと隣の天神山城を取ってしまう。優秀な人材はいるのだが、頭数が少なく序盤はそれで苦労した。やはり姫を武将にした。
東は本願寺と織田が競っている状態だったので、西に進む。九州を平定した頃には武将数もだいぶ増えた。四国で本願寺と衝突。苦戦が予想された対本願寺戦だが、本城を集中的に攻めていき、長宗我部、織田も本願寺を攻めたこともあって、意外とあっさり滅亡。長宗我部も滅亡に追いやり、残った大勢力は織田。織田信長の鉄砲には苦労した。あと、躑躅ヶ崎館は思ったより堅牢だった。人は石垣、人は城じゃないのかよ。織田無き後は伊達がそこそこの勢力で残っていたが、敵にあらず。
はっきり言って、曹操とか岳飛とかチンギスハンとかユリウスカエサルとか一休さんとかが日本の戦国時代で活躍するというトンデモシナリオだが、それはそれで面白い。
posted by Tenty at 22:56| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

プレイステーションは6万円強

http://www.asahi.com/digital/pc/TKY200605090522.html
高いなぁ。買う人は買うのだろうけど。ハードディスク20Gがその価格で、60Gはオープン価格だというけど、それ以上ということだろう。発売半年以上前の価格発表は「金を貯めとけ」というメッセージか。
日本市場では散々のXBoxはおいておいて、任天堂のWiiとは比較されることだろう。ただ、両機は同じゲームという枠でくくるのもはばかれるほど、目指す方向が違っている。互いに今更逆戻りはできないだろう。スペックの勝負ではなく、戦略の勝負ということになる。
posted by Tenty at 21:59| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

信長の野望DSシナリオ0北条家クリア

クリアしましたよ。
最初の数年は内政に専念。多地域がドンパチやっている中、関東はまったく動きなし。とりあえず関東の諸大名を攻めていく。武田家が駿府城を取った後で同盟を結ぶ。この後で一気に東北を制圧。東北と武田領である上野以外の関東を手中にする。
この後どうしようかと思ったのだが、今川家が駿府城を奪還したのを機に、東海道を西上する。東海、近畿を制覇。征夷大将軍にも任命された。残り大名が武田、龍造寺、島津になった時点で、龍造寺、島津と同盟を結んでゲームクリア。
なんか、テキストにするとつまらないな。
北条家のいいところは関東という草刈り場が用意されていることか。逆に悪いところは他の有力大名と比べると人材不足。風魔小太郎もなぜか武田家に行っちゃったし。
今度は全国制覇でクリアしたいと思います。
posted by Tenty at 23:10| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

信長の野望DS

信長の野望DSを買った。私が信長の野望を初めてプレイしたのは小学生のときで、PC-8801という今の人は知らないパソコンでプレイした。17ヶ国版で武将という概念もなかったが、当時はかなりプレイした。それがきっかけで歴史に興味を持ち、中高生の頃は歴史雑誌を買ったりしてだいぶはまったが、大学生になるとだんだん他のことに興味が移って、現在に至る。
そういうわけで、私を歴史好きにしたきっかけが信長の野望なのだ。そのゲームのDS版が発売されたとなると、買わなければならないだろう。ベースはパソコン版の烈風伝ということで、このゲームはプレイしたことがあるので、とっつきやすかった。シナリオ0の北条家でプレイしているが、現在関東の大部分と東北を制覇して、西に進んで行こうかと画策中。
パソコン版に比べると城の数が減っていて寂しい感じがするが、携帯ゲームなのだから仕方がないところか。あと、特に戦闘シーンでは、表示が細かすぎて見づらい。目が悪くなりそう。もう少し、1コマのサイズを大きくしてもよかったと思う。大きな不満はそんなものか。若干、処理が遅くなるところもあるが、それほどさほど気にはならない。決定キーに関するユーザインターフェイスについて融通きかない部分はちょっと気になる。輸送のときに鉄砲を運ぶつもりが決定がされていなかったために運ばれていなかったとか。これは慣れか。
結論を言えばかなりおもしろい。時間泥棒だ。
posted by Tenty at 21:28| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。